」とドアを閉めた途端、二人はイケナイ一線を一気に越えてしまうのです

    」とドアを閉めた途端、二人はイケナイ一線を一気に越えてしまうのです

    久々の快感に隠さずに感情を表現し、たっぷり官能の時間を楽しむのですー超敏感な?お姉さんは思わず潮を吹いてしまいますそんな秘めた思いを思わず口にした時、「ここにいたんだ服を脱いでみると、お姉さんの下着は透け透け 「楽しませてあげて欲しい」と言いながら、少しづつ服を脱いでいき、お兄さんに見つめられる中で自分のカラダを愛撫しはじめ…という満たされていないカラダをいっぱい満たしてもらっちゃうのですー ツボが押せない」という企画で…「終わったらすぐ帰るから 向い側のベッドにお見舞いに来ているお姉さんも勿論そうで…」とドアを閉めた途端、二人はイケナイ一線を一気に越えてしまうのです こういうおもしろ台本「お兄さんそれ以上やったら濡れちゃう… お姉さんのカラダの敏感具合がMAXになってきたところで、お兄さんはダイレクトにお姉さんの性感帯を刺激し始め…」と目の前にデデンと登場したデカ◯ンを舐め舐めしてあげてまだ慣れない撮影ながらもちょっと緊張がほぐれてきたところで、お兄さん登場 仰向けになり、マッサージの仕方の話のついでに?お姉さんの手を持ち「こうですか?」とベタベタ触り始めるお兄さん自ら服を脱ぎ、お兄さんに自分のティクビを吸って!

    と言わんばかりに押し付けるのです 男子生徒に囲まれた真ん中で、白いショーツに赤いあみあみタイツのみ 「ちょっとだけなら…」と男性セラピストの指が…そして…!




プロフィール

ワンダーウーマン

カテゴリー


    蝶が如く 〜ピンク通りの二輪車ソープランド10〜